エゴの木にできる虫こぶ

 エゴの花が散って丸い実がたくさんぶら下がっています。これとは別に、枝先に花が咲いているように見える虫こぶがあります。ネコの足の裏にそっくりなので、エゴのネコアシと呼ばれます。

 虫こぶの中ではアブラムシがどんどん増えていきます。夏になると虫こぶの先端が開いて、はねがある成虫が飛び出し、アシボソというイネのなかまの草に移動します。秋になると、再びエゴの木に戻って冬芽に卵を生みつけます。春になると新芽が伸び始め、幼虫が潜り込んで虫こぶを作ります。

(2021.7.17)



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示