top of page

巨大なカミキリムシの幼虫

更新日:2 日前

 薪にするアカメガシワの幹を割ると、6センチを超える巨大なカミキリムシの幼虫が出てきました。

 ミヤマカミキリか、ウスバカミキリの幼虫です。ミヤマカミキリは、コナラなどブナ科やイチジクの害虫として知られています。ウスバカミキリは、さまざまな広葉樹や針葉樹の枯れかけた木で育ちます。

 なお、アカメガシワの幹にある大きな傷は、コウモリガやボクトウガの幼虫が作ります。


(2024.5.15)


閲覧数:9回2件のコメント

最新記事

すべて表示

2 Comments


コウモリガやボクトウガの幼虫がいると、フンと絹糸で作ったフタがあります。



Like

アカメガシワの幹には、こんな傷があります。



Like
  • Wix Facebook page
bottom of page