カシワ餅の葉

最終更新: 7月22日

サルトリイバラは餅を包むので、方言がたくさんあります。県北ではクイ、クイノハと呼ばれていたようです。県西部から西中国山地や世羅台地ではカタラ、県中央から瀬戸内沿岸ではボテと呼ぶようです。

平安の昔は、食べ物が包める大きな葉は、種類を問わず、カシワと呼んでいたそうです。

ルリタテハという蝶が餌にします。


© 2012 by Hoshihara Yamano Gakkou. All rights reserved