top of page

珍種がいた!

森のようちえんの活動中に、とても珍しいカミキリムシが飛んできました。

 15ミリほどの大きさのスネケブカヒロコバネカミキリのオスです。

 うしろ足のすねに赤い毛が生えていて、さやばねが小さい、とても変わった形をしたカミキリムシです。小さなハチのふりをして、小鳥に襲われるのを防いでいます。

 広島県では、西中国山地の一部で20年前に見つかっていましたが、県北にいることは知られていませんでした。

(2022.7.13)



閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page