シマゲンゴロウ

 保井さんの田んぼで田植えの時に出会った1センチほどのゲンゴロウです。

 はねに2つの点と4本のスジがあって、カッコ良い昆虫です。前足でつかめる動物なら、魚やオタマジャクシなど、なんでも食べます。成虫は毎晩飛びまわるので、田んぼや池、川など、いろいろな場所で出会います。

 冬眠からさめた成虫は、交尾して田んぼの草などに産卵します。幼虫は、ミジンコやユスリカの幼虫、小さなオタマジャクシを食べて、7月には成虫になります。

 10月になると水辺から姿を消して、森などで冬眠します。

(2021.5.16)


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示