ウメエダシャク

 梅の実を収穫する頃にウメの木のまわりを飛びまわるウメエダシャクを里山や街中で見かけます。

 この蛾は日中に活動する種類で、胴体が黄色と黒のボーダー柄で目立ちます。

 同じ時期に山で飛びまわるヒョウモンエダシャクやキシタエダシャクは、毒があるアセビを食べて育つので、鳥が食べません。

 ウメエダシャクは、毒があるなかまの蛾を真似て、鳥に食べられないようにしているのかもしれません。

(2021.5.23)


71回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示